スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • | - |
  • |
  • - |
  • - |
  • - |
  • - |

ちとせ社員旅行2010 奈良・大阪・神戸の旅

 今日は社員旅行2日目の様子をご
紹介します。それではどうぞ!

10月18日(月曜日) 社員旅行2日目

8:15 大阪・難波にあるホテルを出発

8:30 JR難波駅より大和路線で今宮駅へ
今宮駅より大阪環状線(外回り)に乗り換え
西九条駅へ
西九条駅よりゆめさき線へ乗り換え
ユニバーサルシティ駅へ

9:00 ユニバーサルスタジオジャパン
に到着

そう、2日目の目的地は
「ユニバーサルスタジオ」
CA3C000100220003.jpg

社員旅行としては8年ぶりの地に
一行は降り立った。
さっそく荷物をコインロッカーに預け
入場ゲートへ。
「月曜日だから、きっと空いてるよね〜」
などと言いながら陽気にゲートへと向う一行。
しかし・・・我々の期待を
打ち砕くような光景が目の前に
広がっていた。
どこを見ても人!人!人!
時間は開場時間の9時を
とっくに回っているのに、
ゲートの周りは大混雑!
「そうか!それでか!」
思い出した。我々が8年前
(といってもその時からの
社員は2人だけだが)
来た時はガラガラだったのだ。
だが、そうなるにはそれだけの深〜い
理由があった。
8年前・・・日本をあげての大イベント
が開催されて
いた事を、みなさんは
覚えているだろうか・・・
狷韓ワールドカップ瓩任△襦
そしてその日は、我ら日本代表が
決勝トーナメント一回戦で、
トルコと戦う日であった・・・
日本中が固唾を呑んで試合を
見守っていた時、
我々は「わーい!わーい!」と
遊んでいたのである。
その時の体験がいつの間にか
猜親のユニバーサルは空いている
という誤った情報を男の中に植え
付けさせてしまっていた。
「ユニバーサルは平日でも混むんだぁ・・・」
当たり前である。そんなことを知らず
にいたとは・・・
なんたる不覚!おごり!怠慢!失態!
しかし、悔いても仕方が無い。
旅は2日目が始まってしまったのだ。
引き返す事などできない。
我々はじっと列に並んだ。

9:40 入場!

入場待ちでのロスタイムを取り戻そうと、
一行は足早に園内を移動。
最初に目を付けたのが今年
できたばかりのアトラクション。
その名も・・・
「スペースファンタジー」
事前に仕入れた情報によると、
「弱ってしまった太陽の光をもう一度復活
させる為、我々地球人が宇宙船に乗り込み
宇宙を旅して太陽を元気づけに行こう!」
という内容。(たぶん・・・)
太陽系にはいくつもの惑星があるのに、
なぜ第3惑星の住人である地球人にこの
大役がまわってきたのか?
確たる理由は明かされなかったが、
「(太陽のお陰で地球人はここまでの文明を
築けたんだ。太陽にお礼をしに行こう!)」
と、自分を納得させて宇宙船へと乗り込む。
座席の安全バーが下がる。
「いってらっしゃ〜い」
とスタッフの方々が笑顔で手を振る。
個人的には、大きな使命を持って太陽まで
1億4959万7870kmの壮大な旅をする
のだから、もう少しシリアスな感じで
送り出して・・・と思ったのも束の間、
我々を乗せた機体はグルグルと
回転しながらレールの上を登っていく。

※(これより先はネタバレの恐れが
ありますので、T店長の狄瓦寮辞
のみでお楽しみ下さい。以下「※心の声」)

「(ほほーこれで猯ノΝ瓩箸いμか・・
しかし・・・何でグルグルと回転しながら
上っていくんだ?
この機体の推進力は正常なんだろうか?
片方のエンジンに欠陥でもあるとか・・・?
・・・天井の星がキラキラ輝いて綺麗だなぁ・・
そろそろ宇宙空間に出たのかな?・・・
爛タン!
え?ぎゃ〜!!
(機体が勢い良くレールの上を滑り降りる)
スゲ〜回転しながら落ちてゆく〜あ〜れ〜
け・・景色が・・うわ!・・よく・・分からん・・
ぎゃ〜・・ぐるぐるで気持ち・・悪っ!
・・・のわ〜!・・・はやっ!速っ!
・・・何!?ボタン?・・押すの?
・・・・ポチっとな・・・
爛坤ガガァ!
何?!うるさっ!まぶしっ!・・・・
・・・・???
爛潺奪轡腑鵐灰鵐廛蝓船函!
えっ!?何が!?
なんかしたの?俺・・・?)」

爐かえりなさ〜い
(機体の回転が止まり停止)
着いた。
(スタッフに誘導され機体から降りる)
あ〜おもしろかった!満足げな一行。
記念写真を買って次の
アトラクションへと向う。
途中ビール休憩を挟み向った先は・・・
TS3O00330001.jpg

ご存知、「スパイダーマン」
30分待ちであったが、
並んでいるとあっという間。
我々一行の乗る番が来た。
3Dのメガネをかけ、いざ
スパイダーマンの世界へ!

「※心の声」
あ〜待ちに待ったスパイダーマン。これに
乗る為に来たようなもんだな・・・おぉ〜!
画面を見るんだと思ったら、
ちゃんと進むんだ〜・・・
これは・・・ニューヨークあたりの
裏路地かな?・・・
雰囲気出てるなぁ・・・行けー!
進めー!
爛疋好鵝
あ!はやくも登場!スパイダーマン!
かっこいい〜・・・何?・・・敵が?
・・・危ないって?・・・
爛椒ーン!
うわ!出た!悪者!・・・やめろ!
・・・あぶね!・・・
ぶつかる!ぶつかる〜・・・
おしっ!よけた!・・・
爛船絅鼻璽鵝
火!?熱っ!あっつ!!
・・・うわ!・・・冷てっ!・・
なに!何?!水?!・・・つって〜・・・
あぶ!・・・あぶね!・・・ぎゃ!
・・・高っ!・・落ちる!
落ちる!・・・ぎゃ〜!!
・・・・お〜助かった〜・・・

「スパイダーマン最高!!」
予想以上の面白さに大興奮の一行。
間髪入れず、次のアトラクションへ

次のアトラクションは・・・
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
実物大のタイムマシン
爛妊蹈螢▲鶚瓩亡尭阿靴弔帖
35分待ちの列に並ぶ。
その間も、各所に取り付けられた
テレビからテーマ曲が
流れたり、タイムマシンの
生みの親である爛疋瓩
映像が流れたりと、期待は
高まっていくばかり。
いよいよ入場。
扉の向こうには改良された
爍舷余茲螢妊蹈螢▲鶚瓩!
我々一行4人は後ろの座席へ。
前の座席にはパパ、娘、息子の
親子らしき家族が乗り、
最後の開いた席に
爛后璽鳥僂涼翡男性瓩乗り込んだ。

「※心の声」
おぉ!デロリアンの前の方から
煙が出て・・・
・・・タイムスリ〜ップ!!
おっ!浮かんでる!
車が!
すごいなぁ〜・・・・・・・・・でも・・・・・・・・
・・・なんで前の席の人
・・・スーツ姿なんだろ
・・・会社帰りかな?
・・・それとも普段からかな?
・・・はっ!イカンイカン!
今はタイムトラベルに集中するんだ!
・・・1人できたのかしら?
・・・それか、表に人待たせてる
のかな?
・・・どっちにしろよっぽど
乗りたかったんだろうな。
ちょうど世代っぽいし・・・
・・・はっ!そんな事は今関係ないでショ!
集中!集中!・・・・・・
・・・・・・しかし・・・
・・・・・この人全く動かないなぁ・・・
結構・・・・・・・揺れ激し・・・いん
・・・だけど・・・おわ!・・・ひぃっ!・・・
・・・やっぱりピクりとも動かんなぁ・・
・・ちゃんと楽しんでんのかなぁ・・・・
・・・・
爐帰りなさ〜い
あれまっ!?終わっちゃた!?

出口でその男性を見かけたのだが、
すぐ姿を見失ってしまう。
一行は
爛妊蹈螢▲鶚
の前で記念撮影。

ビール休憩を挟み次々と
アトラクションを体験していく一行。

「バックドラフト」
(※心の声)  熱っ!

「ジュラシック・パーク」
(※心の声) 落下!


「ウォーター・ワールド」
(※心の声) 水っ!


「ジョーズ」
(※心の声) サメっ!

主要なアトラクションをほとんど
回った一行は、存分に
ユニバーサルスタジオ
を楽しんだのであった。

17:30 高速バス1番乗り場へ移動

18:00 神戸・三ノ宮行きのバスに乗車

18:40 JR三ノ宮駅前着

18:45 ホテルチェックイン
      神戸ポートタワーへ出発

19:00 神戸ポートタワー着

TS3O00380001.jpg

じゃ〜ん!神戸の港に堂々と
そびえるタワー!
タワー中間部にかけてくびれがあり、
大阪の男性的な通天閣に比べると、
こちらは狃性的瓩箸い辰燭箸海蹐。
さっそく展望階まで上がり、神戸の夜景を
堪能する一行。
ポートアイランドから六甲山まで
ぐるりと360度の
大パノラマを見ることができた。

20:00 中国居酒屋「酔坊」にて宴会
神戸には南京町という
チャイナタウンがある。
さすが港町神戸。
「♪こ〜べ〜(神戸)泣いてどうなるのか〜」
(内山田洋とクールファイブ)
「そして、神戸」を歌いながら
酔坊に入店。
本格四川料理に
舌鼓を打つ一行。
「チャーハンうめー!」
「ビールうめー!」
「エビチリうめー!」
「ビールうめー!」
「ニラレバうめー!」
「ビールうめー!」
「マーボー豆腐うめー!」
「老酒(ラオチュウ)うめー!」
「牛肉とピーマンの千切り炒めうめー!」
「その他モロモロうめー!」

??:??(記憶曖昧)
ホテル着と同時に記憶失う。

二日目終了!最終日につづく。




 

ちとせ社員旅行2010 奈良・大阪・神戸の旅

 今年もこの時がやってきました。
そうです!我らがサロンの社員旅行です。
毎年の行き先は、神のみぞ知る
爛▲潺世じ
で決めているのですが、
今年は「奈良」
と出ました!そこに近隣の大阪・神戸を
くっつけて、2泊3日の
「奈良・大阪・神戸の旅」
と題し行ってまいりました!

そのご報告を、
今回もドキュメンタリータッチ
でお送りいたします。

10月17日(日曜日)

6:00 トラブルやアクシデントの無い
事を祈りつつ、ちとせ(サロン)を出発!

7:15 仙台空港着。

ここまでは順調順調!
「7:50発の便には余裕で間に合うな」と
思いながら搭乗受付カウンターのある
二階に歩を進めると、長蛇の列が
目の前に広がっている!
「なんじゃこりゃ〜!」
どうやら荷物を預ける為に
並んでいるようで、ざっと
50m位はありそうだ。
「(出発の便に間に合うだろうか)」
・・・少し不安になったその時、
「そうか!それでか!」
思い出した。当初のちとせ(サロン)
の出発時間は5:30だった。
これは旅行会社の人が決めてくれた
スケジュールで、我々はその時間では
「早すぎるから・・・」と
勝手に6:00へと変更してしまったのだった。
旅行会社の人が叩き出した「5:30」と
いう時間には、近年世界で頻発する
テロに対して、荷物や身体のチェックが
厳しくなり、手続きに時間がかかる事、
外国からの旅行者が急増している事、
何よりも今日は日曜日だという事など、
様々な知識や経験が混ざり合って計算され
導き出された狄鮃發併間
だったのである。そんな
犹間様瓩鮠ー蠅吠僂┐襪箸蓮ΑΑ
何たる不覚!おごり!怠慢!失態!
しかし、悔いても仕方が無い。
旅は始まってしまったのだ。
引き返す事などできない。
我々はじっと列に並んだ。

7:35 荷物の預け手続き完了!
急いで搭乗口へ!
ボディーチェックゲートを華麗に通過し
・・・(ピンポ〜ン)
「へっ・・・?俺?」
「お客様。」
「やっぱり俺だぁ!」
「もう一度、チェックゲートを通ってください。」
(ピンポ〜ン)
「なして鳴るのぉ(涙)」
先が輪っかになっている
金属探知機を手に持ち、
上半身をチェックする係りの女性。
ピィーッ!ピィーッ!
「何か持っていませんか?」
「だにも持っでまぜん・・(涙目)」
腰周りに手を突っ込まれチェックされる。
今度は足のほうに探知機を移動させる。
ピィーッ!ピィーッ!スニーカーの上で鳴る
探知機。スニーカーを調べる係りの女性。
「何か入ってませんか?」
「(入ってるわけないでショ!
靴に武器仕込むなんて、
どんだけのテロリストなんだよ!
俺はゴ〇ゴ13かっ!
健全な山形市民アルヨ!)」・・・とは言えず、
「何も入ってませんし、入れてません!
(半ギレ)」
「まぁいいでしょっ」とでも言う様な
上から目線で睨まれ、なんとか通される。
どうやらベルトのバックルが大きかった為、
探知機が反応したようだ。
だが、なぜ靴に反応したのかは不明。
もしかすると靴ではなくて俺の
脚に反応したのか?
知らない間に俺はサイボーグ(機械人間)に
なっていたのだろうか・・・
と真剣に考えながらスタッフと共に搭乗。

7:50 定刻通り仙台空港を飛び立ち、
ANA732便は大阪伊丹空港へ!

9:10 無事に伊丹空港着。

10:30 軽い朝食をとったあと、
伊丹空港南ターミナル10番バス乗り場より
「JR奈良駅」へ
ちなみに、空港での朝食メニューはそれぞれ
「そば」「おにぎり」「サンドイッチ」「ピロシキ」
「ビール」と、大阪に何ひとつ関連の無い、
かすりもしない食事。
(ピロシキに関してはもう・・なぜ大阪まで来て
ピロシキ!?それロシアでショ!)

11:30 JR奈良駅着。
無料シャトルバスにて
「平城遷都1300年祭」
を開催している平城宮跡へ移動。

12:00 「納豆(710年)食べて平城京」
と年号を覚えた人も多いと思うが、
そう!710年から今年2010年で1300年!
この節目の年に奈良では今、
県全土でお祭りをしているのである。
(お祭りのキャラクターは爐擦鵑箸ん瓠
我々はその本会場とでもいうべき
「平城京跡」
にやってきた。この会場の目玉といえば
何と言っても復元された
「朱雀門」と「大極殿」。
バスが会場に入るとまず目に
入ってくるのが、この朱雀門。

CA3C0001.jpg

朱色の柱がとても印象的な堂々とした姿。
柱付近の人と比べてみても、
その大きさが分かる。
1300年前の猜疹覽瓩箸いε時の
犲鹽圻瓩どれほど凄かったのか・・・
この門(平城京の玄関)を見ただけで
その凄さが分かったような気にさせられる。
記念撮影をした後、一行は門をくぐり
平城京内へ「おじゃましま〜す。」
そんな声など、平城京の主(天皇)には
とても聞こえないと思うくらいの広大な土地
が、目の前に広がっていた。
その先の方に狹性瓩里茲Δ妨える建物
が、これから我々の向う会場の目玉!
天皇の居られた「大極殿」だ。

テクテク・・・テクテク・・・

一行は、朱雀門より約1km先の方にある
大極殿を目指して歩く。やがて・・・

CA3C00010003.jpg

見えてきたこの建物が大極殿。
正面の柱の所にいる人たちを見ると、
この建物の大きさが分かる。
建物内の中央には天皇が座った
玉座が復元され飾られていた。
この場所で天皇の即位式や
外国使節との謁見など、重要な儀式が
行われていたのかと思うと、
一行は神妙な気持ちになるのであった。

13:30 一行は興福寺へ

13:45 興福寺着。この興福寺には
国宝館があり、その中にあの有名な
牋そね總
が安置されているのである。
興福寺境内の国宝館に進むと
・・・長蛇の列がっ!!40分待ち!
恐るべき阿修羅人気・・・。
牋そね絅侫.鵐ラブ
もあるようで(←本当!)、
デビュー以来1300年経ってブレイクした
超超超遅咲きのスター誕生である。
中に入ると1300年間の歴史を
見つめ続けた仏像達が整然と並んでいた。
どれもみな国宝!国宝!
ちょびっと重文!(重要文化財)
長文ブログはもうジュウブン!
(十分)・・・ぷぷっ
そして、阿修羅を含めた猗部衆瓩
仏像達は国宝館の一番奥に祭られていた。 
阿修羅像だけが有名になってしまっている
が、阿修羅の位置付けとは
猗部衆瓠複限里諒像)の中の1体なのだ。
国宝館の一番奥にその八部衆は
横一列に配置されていた。見学順路は
左のカルラ像からケンダツ像→
サカラ像といった具合に見ていって、
アシュラ像は4体目に配置されている。
ここで一行は、アシュラ像の人気振りを
身をもって体験する事になる。
それは、我々も含めた見学者の歩みが
3体目のサカラ像からピタッ!っと
止まってしまった事だ。理由は簡単。
4体目のアシュラ像をみんなじっくり
拝みたい為、歩みが止まってしまうのだ。
サカラ像の前にいる見学者達も目線は
隣のアシュラ像に釘付け!
やがて正面からアシュラ像を拝みたい!
と、列は横に大きく膨らんでいく。
真上から見れば横一列に並んだ
8体の仏像のアシュラ像の前だけが、
黒山の人だかりである。
やっとのことでアシュラ像の
正面へ来た一行。
しげしげとアシュラ像を拝む一行。
「これがアシュラマンのモデルかぁ」
キン肉マンジェネレーション(世代)
の男がそう思いふと右隣の
キンナラ像に目を向けると、
明らかに怒っている!よく見るとその隣の
クバンダ像もヒバカラ像も険しい表情。
それもそのはず、アシュラ像以降の仏像の
前は流れる様に見学者達が通り過ぎていく。
アシュラ像の見学時間に比べればほとんど
爛船藐畩態。
アシュラ像が申し訳なさそうな顔をして、
8体の中で唯一
「みんな、ごめん。」
と合掌していたのも、その為であろうか・・・。

3:00 群がる鹿を避けながら
「東大寺」に到着。
TS3O0029.jpg

この日は夜からスキマスイッチのライブが
あるらしく、前には無数のパイプ椅子が
並んでいた。
この東大寺には高校の修学旅行で
一度来た事があるのだが、
その時の記憶があまり鮮明ではない。
同級生に聞いたら「行ったっけがぁ〜??」
との答えが返ってくるぐらい、
記憶に無いのである。
修学旅行中、毎晩毎晩夜更かしの連続で
睡眠時間は当然昼間。
眠気まなこでお寺を見て回る。
しかも、まだまだハナタレの学生が
1300年の歴史に感動するわけも無い。
若気の至り恐るべし・・・。
だが今は違う!
そう!この東大寺はリベンジなのだ!

一行は東大寺内へ・・・そこには・・・

TS3O00310001.jpg

ぶはぁっ!!でかい!凄い!
恐ろしささえ感じるほどの狢臺様
2年前、社員旅行で鎌倉に行ったが、
鎌倉の大仏様より大きく感じた。
聞けばこの大仏様、部分的に何回か
作り直されているそうで、
建立当初の物は台座位だとか。
しかし、こうやって直してでも
1300年間ここにあるのは確かな事で、
凄い事だ。
先程の興福寺と言い、
執念にも似た信仰心を感じさせられる。
この感動を誰かに伝えたい!・・・・・はっ!
そうだ!16年前、確かにこの場所に
同じように立っていた
爛札屮鵐謄ーンの俺
に伝えなくては!よし!
精神だけのタイムスリップだ!
どりゃ〜!!ピカーッ!プシュー
・・到着〜到着〜1994年11月の
奈良・東大寺だよ〜。
「どうやら着いたようだな。
それにしても凄い人の数。みんな高校生か。
俺は俺はっと・・・あっ!いた!
修学旅行の写真と同じ顔してやがんな
・・・・って当たり前か。てへっ。」
「相変わらずボケェ〜っとしやがって
・・・おい!そこのお前!
・・・そうそうお前だよ。」
「何?おじさん誰だと?!
ムキーッ!俺はお前だよ!16年後の!
・・・どうだ。びっくりしたか?・・何?・・ん?
・・僕が、おじさんで?そうそう・・おじさんが、
僕?おう!そうだ!やけに素直に
理解しやがったな。ま、昔からこういう話に
憧れてたからな・・・ってオイオイ・・・
頭を見るんじゃないよ頭を!
コレは仕方ないんだよ!・・・・・ごめんね。
薄くしちゃって・・・」
「・・・って!そんな話をしに来たんじゃ
ないんだよ大仏様だよ!ちゃんと見たのか?
・・・何?眠くて?それどころじゃない?
カァー・・だからダメなんだよお前は!ほれ!
目えこじ開けろ!そして感じろ!
この大仏様に込められた人々の思いを!
・・・眠い言うなー!!こりゃ!寝るな〜!・・・
・・・・仕方ないか・・・こいつも今は
全力で少年やってんだもんな・・・・」
んな馬鹿げた事をボケェ〜っと考えていると
・・・「オイ!お前!」
「!!・・・おじいさん誰?」

17:00 JR奈良駅より大和路線快速
[大阪方面]に乗り大阪・難波駅へ

18:00 ホテル到着。チェックイン後
「通天閣」へ

19:00 「通天閣」到着。

TS3O0032.jpg

ど〜ん。大阪のシンボル通天閣!
5階の展望室から見る大阪の夜景は絶景!
遠くに大阪城も見る事ができた。
通天閣のマスコット的存在の
爛咼螢吋鵑気鶚瓩砲皺颪┐拭

CA3C000300080001.jpg

足の裏を撫でると幸運に恵まれる
というビリケンさんを、撫でまくる一行。
一年中撫でられまくっているであろう
ビリケンさんの体はツルツル
としていて光っていた。
ここで夕食がまだだった事に気が付いた
一行は、大阪名物犇揚げ
の店を探す事に。
しかし、ガイドブックに乗っている店は
どこも満員御礼。
門前払いを食らってしまった。
途方にくれる一行。
もう串揚げは諦めようかとしていた
その時、1人の男性が
一行に近づいてきた。
「おいしい串揚げ屋、紹介しまっせ!」
20代後半から30代前半で、
顔はイケメンの男性。
一瞬怪しいと思ったがその瞬間、
「はいっ!お願いします!」
我がサロンの女性スタッフ望氏が敏感に
反応し、グイグイ一行を引っ張って
その男の後について行く。
どうやら爛ぅ吋瓮鶚瓩砲笋蕕譴燭蕕靴ぁ
恐る恐るついて行ったそこには、
一軒の串揚げ屋さんが。
他のお見せとは違い、外にも
テーブルとイスが設けられており、
そこで飲み食いもできるという。
オープンスペースでネオンきらめく
通天閣を見上げながらの夕食。
なんとロマンチック!
大阪チック!
メニューも豊富で値段も
リーズナブル!
これには皆大満足。
「(たまには人の言う事も
聞いてみるもんだな。)」
「(お兄さん疑ってごめんね。)」
「(しかし望氏のイケメンアンテナ
の正確さは凄いな。)」
などと思っていると、
「お待たせいたしました。
串揚げのネタおまかせ20本盛りです!」
さっそくタレにドブンと串揚げを付けて
食べてみる。
「う・・うまい!」
そう思ったらもう止まらない。
二度付け禁止のタレは二度付けも
していないのにどんどん減る減る。
「ぷはぁーっ!」
ビールがまた串揚げに合う!
旨い美味いの連続で、
呼び込みのお兄さんが
「うちの店はほかんとこと違ってな・・・」
みたいな話をしていたようだが
一行は一切無視して、
串揚げの味にのめり込んでいった。
「串揚げ最高ー!!」
一行は通天閣の真下で叫んだ。

21:00 通天閣を後にして道頓堀へ
CA3C0001002400020001.jpg

グリコの看板でおなじみの道頓堀到着。
さすがは西日本最大の歓楽街。
道を行く人の数が半端ではない。

見ると、人だかりができているのを発見。
近づいてみると、大道芸人の方がショーを
始める前の準備をしているようだった。
待つ事5分。人も大勢集まってきた。
目の前に陣取る一行。
「はーいお待たせしました〜!
今日は火を使ってのファイヤー
ジャグリングも用意していますので、
楽しみにしてて下さいね〜!!」
「火だって!火!すごいね!」
興奮する一行。
「その前に僕の
バルーンアートをご覧下さい!」
そう言うと大道芸人さんは器用に風船で
爛筌靴量擇謀个襯汽覘
を作って見せた。そして・・・
「はい!これどうぞ!」
と目の前で見ていた女性スタッフ
にプレゼント。
これには女性スタッフ望氏も
小躍りして喜んだ。
そしていよいよファイヤージャグリング!
「さっ!それではお待ちかねの
ファイヤー見せちゃおっかな〜
良いかな?みんな!」
「オ〜!」
「準備はいいかーい!」
「オォ〜!!」
「それじゃやるよ〜!!」
「オォォー!!
(・・・早くしろっちゅんじゃ・・)」
会場の興奮は最高潮!!
ドキドキ!ワクワク!その時!!
「はい。そこの君〜」
いつの間にいたのか大阪府警の方々。
「ぼ・・僕ですか!?」
と、目を丸くして答えるお兄さん。
「そう、君・・・・・・逮捕ね。」
「ええ〜!!」目の前で起きている
事が理解できず、唖然とする一行。
そのまま大道芸人のお兄さんは
連行され、ショーは中止。
どうやらここでのパフォーマンスや
イベントの類は禁止されていたようで、
お兄さんは堂々とその規則に
違反していたのだった。
身体を張って自分が捕まるという
パフォーマンスを見せてくれるとは、
さすが大阪の芸人さん。
目の前で一部始終を鑑賞した一行は
感動した様子で
お好み焼き&たこ焼き屋さんへ。
「やっぱり大阪の味は違う!!」
などと言いながらビールをがぶ飲みし、
宴は深夜まで続くのであった。
ちなみに大道芸人さんに頂いた
バルーンアートはこのお好み
焼き屋さんにプレゼントしてきた。

二日目へ続く。

★ストレートヘアキャンペーンのお知らせ★  美容部

  今年も まもなく梅雨の時期がやってきます・・・

そこで chitose では、5・6月の2ヶ月間
                       梅雨の時期にそなえて、
  ストレートヘアキャンペーン
                        を実施しております!!

 
                           ((縮毛))

          通常      キャンペーン

学生サン 15000円 → 
10000円

一般サン 18900円 → 
13650円


                  ((ストレート))

          通常      キャンペーン

学生サン  7500円 → 6000円

一般サン  8920円 → 7350円




髪のうねりが気になる方

髪がふくらみやすく、ボリュームダウンしたい方

ストレートよりも さらに真っ直ぐなスタイルを求めている方

部分的なクセが気になるという方

・・・など△匹鵑覆悩みもお気軽に スタッフにご相談下さい
通常よりも安くなるこの時期に どうぞご利用下さい

キャンペーン期間は
          日〜日まで

春のサプライズ企画

  春のサプライズ企画と題しまして、今CHITOSEではこんな企画を実行中です!!

 学生様限定!
  バリカン丸刈り500円
 部活、オシャレ、気合、反省、どんな学生様でも大歓迎!!これを機会に皆で綺麗なモテモテのマルガリーターになろう!!

期間は4月11日までとなります。今すぐCHITOSEへ急げ!

モンテディオ山形勝手に応援キャンペーン 〜競掘璽坤鵝

今年もやります!モンテディオ山形勝手に応援キャンペーン企画

  昨年、多大なるお客様の好評な声援を頂きまして今年も更にバージョンアップしてこの企画が帰って参りました。皆様には企画終了後すぐ、「来年もやるの?」「この企画おもしろかっね!」と温かい言葉を始め、鳴り止まぬお礼の電話、本当にありがとうございました。我々スタッフ一同そんな温かいお言葉をかけてもらい皆で目頭を熱くした夜を昨日の事の様にまだはっきりと覚えています・・

 そ・こ・で・更なるお客様の熱い声援にお答えしまして我々ついに第二弾を立ち上げる事にしました。その気になる第二弾の内容は・・・

〇邱腓望,津戮法300円割引券が貯まる

引き分けでも100円割引券が貯まる

入会金800円

※毎回ご来店時、貯まった全ての割引券
使い切って頂きますので、ご了承下さい。



※割引券を貯めて置ける期間は
二ヵ月間
とさせて頂きます。
(期限切れの場合は貯めた割引券が、
無効となります。)
二ヶ月以内に必ずご来店下さい!!

赤字覚悟のこの企画、ガンガン値引かせて下さい!お客様の喜びは我々の喜びです!!是非二年目も皆様で応援しましょう!
頑張れ!!
モンテディオ山形

今年最初のご挨拶

  新年あけましておめでとうございます。
 昨年は、皆様に大変お世話になりました。今年も一人一人のお客様のご要望に精一杯近づけるよう日々精進し、頑張っていきたいと思います。そして、皆様の大好物のCHITOSEオリジナルブログ「ちとせの部屋」も頻繁に更新を考えておりますので、そちらも期待して下さい。簡単ではありますが新年のご挨拶に代えさせていただきます。本年も何卒CHITOSEをよろしくお願い致します。

一月の定休日

、11(月)17(日)18(月)25(月) 

CHITOSE大福引大会

 ただ今、CHITOSE(理容部)では、一年間のご愛顧を込めまして年末の大福引大会を実施しております。

 そこで、皆さん気になるのはその中身ですよね?CHITOSEオリジナル宝箱の中身を今回は、特別にホームページをご覧になっているあなただけに特別にお教えいたしましょう!!

 年末は、何かとお金の出費が重なるこの時期、大変ですよね?我々はお客様の為に考えました!そこで出た答えが・・・その場でズバッと現金割引がいいのではないかと!

 そうです、そうなんです、宝箱の中身は現金割引の券が入っているのです。もちろんその他、超豪華景品もご用意いております。皆様、我々スタッフ一同はお客様のお財布の強い味方でありたいと、常日頃思っております。是非ともこの機会にCHITOSEに足を運んでみてはいかがでしょうか?お待ちしております。

※実施期間は12月31日までとさせて頂きます。

今年最後のご挨拶

 今年もちとせをご利用頂き誠にありがとうございました。

 ちとせは大変皆様に愛されてると思うと同時に、感謝の気持ちで一杯であります。
まもなく2009年が終わろうとしています。
皆様にとってはどのような一年でしたか?

 我々スタッフ一同は皆様の感動を明日へのエナジーとし、また来年も新しいイベント キャンペーンを企画致しまして、お客様に一層愛されるサロン創りを目指し頑張って行きたいと強く思う次第であります。簡単ではありますが、年末のご挨拶とさせて頂きます。
来年もよろしくお願いいたします。

一月の定休日

、11(月)17(日)18(月)25(月) 

祝!20周年!

突然ですが・・・HAIR STATION CHITOSE が今の店舗に
なってから、今年でちょうど20年になります。

そうです!


そうなんです!


狷鷭充年なんです!!


「ありがとうございます!!」

これも、日頃chitoseを愛してくださるお客様と、
このブログをご覧になっている皆様のお陰でございます。
本当にありがとうございます。

そこでこの際、
「店内を改装しようじゃぁぁないか!なぁ!オイ!
なぁ!だろ!? ん? オイ!ホイ!」

と言う事になりました。そしてこの程、遂に!

完成しました!

今日は少しばかりですが、新しくなった店内の様子を皆様に
お披露目致したいと思います。

まずは、店内の全体的な様子です。

091106_0935~01001.jpg

何ということでしょう・・・前面をウッド調にして、
狃世蕕く甅猴イ靴き
印象に仕上がっているではありませんか!

ちなみに以前は、灰色や黒などの少しダークな
感じの色づかいになっていました。

正面の壁紙も新しくした事で、とても店内が
明るく見えます。

続いては椅子です。
091106_0902~01.jpg

これは私が一目見た瞬間に、虜になってしまった
椅子です。

デザインや色、そして機能。どれを取っても
一級品の椅子です!

座りごこちも抜群で、長く座っていても疲れる
事がないとても良い椅子ですよ!
色は深いグリーンです。

最後はコレです・・・
091103_1222~01.jpg

窓際の椅子を仕切りまして、
半個室を作りました!!

これで女性のお客様も、

猖楹覆顔剃り

を、安心して犂能當困韻觧、
間違いございません!

もちろん女性スタッフが最初から最後まで、
全て対応致します。

ぜひ当店での「レディースシェービング」を
お試しくださいませ!

お待ちしております!!

あっ!・・・店内の紹介と言いつつ、メニューの
紹介までしてしまいました・・・すみません・・・

何はともあれ、新しくなったchitoseでスタッフも
より一層はりきって働いております!

これからもchitoseをご愛顧のほど、よろしくお願い致します!!

社員旅行に行ってきました!

 chitose社員旅行 浄土ヶ浜、龍泉洞、中尊寺を巡る旅

いよいよ最終日(´A`。)グスン
今日は最後の後編を見ていただきましょう
果たして最後にどんな事態が待ち受けているのか
それでは注目の最終日をどうぞo(゚゚)/

2009年10月6日(晴れ時々曇り)

am9:00  お世話になった浄土ヶ浜パークホテルを後にして、一行は次の目的地猯鏡洞瓩悗噺った
深酒をしてしまった男性陣は、3列目のシートに追いやられ、ドライバーはchitoseのスピード狂sayaka氏へとバトンタッチ

「それはそれで危険でないかい(#゚Д゚)」とのツッコミをそれぞれの胸にグッと押し込んで、愛ちゃんは快調に進んで行った

am9:30  愛ちゃんは三陸の海岸線を北へとひた走る
海岸線と言っても海が真横に見えている訳ではない
ナビには海が横に写っているのに実際には山の中を走っている・・・

三陸の海岸線は言わずと知れたリアス式海岸である荒々しい海岸線は海からすぐに断崖絶壁の崖、もしくは山になっていて、道はその内側を通っているのだ(`Д´)ここが海のすぐ真横の道だと言われても気付かない程の山道である

しかし、ここがそうだと気付かせてくれるものが、道路沿いに点々と現れるそれは猊玄鵜瓩

狡吐氾達地点瓩判颪い討△詆玄韻無数に続いている!!!!(゚ロ゚ノ)ノ
360度を山に囲まれた様なこの地に津波がやってくるのか・・・
にわかには信じがたい話だが、明治29年(今から113年前)の三陸地震をきっかけに発生した大津波の高さが、最大32〜38メートル(記録のある津波の中で日本最大)だった事を思い出した時、年長の男は改めて自然の恐ろしさを感じたのである

この事をメンバーにも話そうと思ったが、「またオッサンの雑学が始まったハイハイ (´。` ) =3 」と煙たがられるのを恐れた男は、静かに目を閉じた・・・

am10:00    岩泉 龍泉洞 到着
少しずつ色付き始めた木々山々にはもう、秋の気配が漂っている川は勢いよく流れ、ちょっとした渓谷になっている龍泉洞のある場所はそんな景観の中にあった

橋を渡り奥に進むと、ぽっかりと口を開けた龍泉洞の入り口が一行を出迎えたォォ(゚ロ゚屮)屮入り口の高さは大人一人分ほどで、広さと言えばすれ違うのに若干狭い位だ奥からは冷たい風が吹いてくる
一枚上着を羽織っていなければ、寒いくらいだ

それなのにchitose女性陣ときたら、右からノースリーブ、タンクトップ、ランニングといった具合で、これからの洞内探索には少々不安を感じさせる装備である(・д・`*)ハァ…

am10:05  入り口から50メートル地点
入り口の狭さから比べると、中の広さには驚かされる(。ロ。)おぉ特に天井の高さ洞内にはいたるところに照明が点いていて牋轍瓩る瓩箸い事はないのだが、さすがに天井までには明かりが届いておらず、何処(どこ)までが天井なのか確認する事ができなかった
091006_101926.jpg

am10:10  入り口から100メートル地点

「寒っ((゚Д゚ll))ガタガタ
「さぶっブルブルブル((*´д`*))
「さぁぁぶぅぅっガクガクブルブル((;゚Д゚))ガクブルガク

入洞してから10分ようやく犂┐記瓩枠狃達の皮下脂肪から神経にまで到達したようで、女性陣達は次々と寒さを訴え始めた

案内板によれば、洞窟内の温度は一年を通して10度前後だという夏には涼しく感じ、冬には温かく感じるとある(б`・Д・)б
今、彼女達はとても寒がっている・・・・「(あっ、これはたぶん秋は涼しく感じる方に入るのだろう)」と、冷静に納得した年長の男であった

am10:30  水深98メートルの第3地底湖に到達

我々は遂に、この洞窟一番の目玉と言っても過言ではない狠歪豸亅瓩謀達した
水音一つ立てずに地底湖は、私達の足元に広がっていた

091006_103102.jpg

※写真についての説明
ブルーに見えているところが水面と水中になります左側の岩部分を見て頂ければ分かりやすいのですが、岩と水の境目を確認する事ができます
水はご覧の通り大変澄んでいて、水中の岩肌までも確認する事ができますが、さすがに98メートルしたの狡讚瓩泙任楼鼎て見えません
たぶん底は写真下方向に見える、ぽっかり開いた穴の奥と思われます白く光っているのは水中ライトです

ゾクッとした・・・綺麗、美しいという表現よりも、なぜか猊櫃記瓩先に立った怖さの表現方法に多少の差はあれど、洞窟内に入った瞬間からみんな爐修讚瓩魎兇犬討いそして、爐修讚瓩呂海両貊蠅僕茲藤唯腺悗箸覆

男は考えた(-ω-)犇寡櫃寮蟻劉瓩髻ΑΑ

「(暗くて、狭い)」
「(落ちたら深くて溺れそう)」
「(今、地震が来て洞窟が崩れてきたらどうしよう)」
「(足場が崩れたらどうしよう)」
「(迷ったらどうしよう。携帯つながらないし・・・)」

怖い想像をしたらいくらでもある

しかし、男にはどれもこれも違うような気がしたのだ
「(このゾクッと感はそんなちっぽけなものではない(゚Д゚)!!そんな怖さなら今までの人生でいくらでも体験してきた。)」
男はさらに考えるウーン・・・

「(そもそもここは、人間の誕生する遥か昔からここにあった。数万年の時をかけ川が岩を削り、数十万年の時をかけ滴り落ちる水滴が、鍾乳石という巨大な岩を作った
はっ時・・・犹間だ瓠法

狹喨もない時間

この言葉が男の身体を突き抜けっていった・・・鳥肌が全身を覆う男はこの時初めて気付いたのだ自分の存在の小ささにちっぽけさに弱さにそして全身で理解した(゚д゚)

ここで感じた犇寡櫚瓩箸蓮∨困譴けていた地球への牋攘鼻覆い韻ぁ砲稜悪瓩任△觧に・・・

男の中の、原始の頃のDNA(遺伝子)が導き出したこの感動を伝えたいそう思い振り返ると、もう誰もいなかった・・・はっ、はずい(恥ずかしい)

※畏敬・・・おそれいって、うやまうこと。尊敬。(広辞典より)

am11:00  大感動の龍泉洞探索を無事終え、レストハウスにてお買い物*:.。☆..。.(´∀`人)

am11:30   ドライバーを男性陣に交代し、最後の目的地狠翅沙・金色堂瓩惱佝

ここで一行は本来のコースを変えることを余儀なくされる・・・
本来なら盛岡市内で爐犬磴犬麵瓩鮨べよう・・・となるのだが、愛ちゃんを借りていられる時間がpm19:00まで

これからの道のりを考えると、約束の時刻に間に合わない恐れが出てきたのだガーン
泣く泣くナビを前沢SAに設定し、龍泉洞を後にしたバィ(o・ω・o)ノバィヽ(o・ω・o)

pm14:00 東北自動車 前沢サービスエリア 到着

皆、へロヘロだった
道中、途切れゆく皆の意識を唯一保たせたもの・・・それは・・・前沢=牛この言葉一点だけであった
一行はさっそくサービスエリア内のレストランへ

狒安牛ステーキ定食 8,000円

狒安牛焼肉ご膳 5,000円

・・・終わった・・・完全に終わった・・・

091022_1417~01.jpg

値段が高すぎる・・・龍泉洞からの道のり約2時間半
この牛の事だけを考えて生きてきた

しかし・・・しょうがない・・・
年長の男が、爐けそば五人前瓩斑輅犬靴茲Δ箸靴・・・
その時
「コレ・・コ・・・コレ・・
もう一人の男がメニューを指差しながら訴えかけてきた

狒安牛 牛丼定食 1,500円

「でかした(゚∀゚ )これならいける

年長の男はこの牛丼定食を、数あるメニューの中から探し当てた男の労をねぎらうと

「前沢牛 牛丼定食 五人前

と、晴れやかな笑顔で注文した(。・`∀´・。) 

爐曚鵑箸鉾味いものは、人を黙らせる

この言葉は本当だと実感した一言も誰も発しないまま、昼食の時間は終わった(。-人-。) ゴッッツォサンッ

※牛肉が「これ、焼肉じゃないの」という位厚く切ってあり、それでいて、お口の中でとろけるほど柔らかい絶品のお味でした。おそるべし・・・前沢牛

pm15:00 最後の目的地 中尊寺・金色堂 到着

門前から延々と続く杉木立の坂を登りきると、金色堂が姿を現したΣ(゚ω゚)正確に言えば、金色堂を覆っている建物だ
覆堂(おおいどう)と言うらしい手前の施設で参拝券を購入し、いざ、覆堂内へ( ゚∀ ゚)

pm15:40 金色堂

かの俳人松尾芭蕉は、この金色堂をこう読んだという(´ω`)

犖涎遽の 降残してや 光堂

犖堂疇匹鵑濃の如しとは正にこの事寺全体が金色に光っているこの圧倒的な存在感を見せられた一行は言葉を無くした
牛丼定食の時と同じように・・・・

885年間、日数にして322939日。(2009年10月6日現在)
壊れ壊され、それでも何度も再建され立ち尽くしてきた
光って見えるほど無数の金箔に埋め尽くされ、柱には貝で作った螺鈿(らでん)細工が、ところ狭しと散りばめられている

犇乏攵土の世界

奥州藤原氏 初代 藤原清衡はその言葉をそのまま現世に建立させた。

885年間もの長きに渡り存在し続けていられるのは、そんな藤原清衡の時空を越えた強い意志の力なのだろうか・・・。

そんな話で盛り上がろうと後ろを振り返ると、みんなもう外出ちゃってた・・テヘッ
 
pm16:40  愛ちゃん爛薀好函Ε薀鶚

全行程が終了し、後は帰るだけとなった約束の時間までは約2時間半(゚ω゚;)。o○(ぇ!?)
買い物時間が長引いて、16:00に中尊寺を出るはずが、40分もオーバーしてしまっている

「急がねば

pm17:55  鶴巣パーキングエリアで給油

実はこの給油、この旅ではじめての給油である走行距離はこの時点で600キロを越えているΣ(゚Д゚ノ)ノ おおぉぉぉぉ〜

「さすが超低燃費(`・ェ・´)

pm18:30  山形蔵王インター 到着

約束の時間まで、あと30分皆の顔には焦りの色が見えはじめる(;゚;Д;゚;;)

pm18:45   ヘアーステーションちとせ 到着

女性陣にはここで降りてもらう別れの挨拶もそこそこに山形駅前を目指す男性陣

pm18:55  レンタカー屋さん 到着

どうやら間に合ったようだ彡(´∀`;●)彡ふぅー
安堵(あんど)するドライバーの男
しかし、助手席の男が大事な事を思い出した

「これ返す時・・・ガソリン満タンでって言われましたよね・・

「ッッッヽ(゚Д゚;)ノ

すぐさま急ハンドルをきり、レンタカー屋さんから斜め向かいのガソリンスタンドへ 
ナビの時計が18:57、58と進むにつれ、男達は祈った頼む(-人-;)(;-人-)頼む

「(早くしてけれ〜(y゚ロ゚)y)」

pm18:59 愛ちゃんを駐車場へ滑り込ませ、受付へ間に合った1分前
男性陣はここで、全ての行程が終わったのだと実感した(・ω・`)

「よく無事で行って来たよな・・・」

お世話になった愛ちゃんこと、アイシスに一礼をすると、そんな言葉が自然と口をついて出てしまう・゚・(ノ∀`;)・゚・グスン

気を良くした二人は、

「猗疹焚餃瓩鬚靴茲

という事で一致団結し、そのまま駅前のネオン街へと消えていったのであった

おしまいバィ(o・ω・o)ノバィヽ(o・ω・o)キーン(ノo・ω・o)ノ
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Recent Entries
Categories
Archives
Profile
Links
Other
Sponsored Link